彦根市は、滋賀県の中東部に位置し、古代より水運や陸路を通じて物資輸送が盛んな地であり、古くから湖上交通を背景として栄えました。
彦根城は、関ヶ原の合戦後、徳川四天王の一人、井伊直政がこの地に入り、佐和山城に替わる彦根藩の居城として、二代目直孝の代に金亀山に築城されたもので、国宝に指定された現存天守のある国宝四城(姫路城、松本城、犬山城、彦根城)のひとつです。その他にも、城域内には、天秤櫓や西の丸三重櫓、佐和口多聞櫓、馬屋など重要文化財の建造物が現存し、世界遺産の暫定リストにも登載されています。
まちには、琵琶湖を望む豊かな自然や彦根城を中心とした歴史資源が数多く残されており、城下町の風情が漂うまち並みや風格のある神社仏閣をはじめ、穏やかな山並みや豊かな田園風景など自然にも恵まれています。
こうしたロケーションを生かし、これまでにも「武士の一分」や「柘榴坂の仇討」といった数々の映画のロケ地として撮影され、年間を通してテレビ番組、CM等の撮影も数多く撮影されます。彦根の魅力について映像を通して全国に発信するため、彦根市フィルムコミッション室は、おもてなしの心で映像関係者の方々をサポートします。

彦根市フィルムコミッション室

〒522-8501 滋賀県彦根市元町4番2号 彦根市役所産業部観光企画課内
Tel: 0749-30-6120 / Fax: 0749-24-9676 

メールフォームでのお問い合わせ