銀座商店街

銀座商店街の歴史は古く、石田三成の佐和山城を彦根山に移築し、現在の城下町がつくられた頃に商店街の原型となる川原町・土橋町が作られたといわれています。両町が昭和26年に合併し現在の銀座町となりました。昭和27年には「子供歌舞伎」を乗せた山車が祭りを盛り上げ、夏の売出しとしての「二七の市」や11月23日の祭日を中心に開催される「ゑびす講」などの行事に湖北一円から人が集まり、夜遅くまで買い物客で賑わいをみせていました。今もゑびす講は彦根名物として知られています。

所在地
滋賀県彦根市銀座町

ロケーション実績

地図