佐和山城跡

鎌倉時代、佐々木定綱の六男、佐保時綱がこの地に館を構え、15世紀中頃には、六角氏の支配のもとに小川左近大夫を城主として、犬上坂田両郡の境目の城となったと伝えられています。 戦国時代、佐和山城は度々戦乱の舞台となり、多くの武将の居城となりました。その後、丹羽長秀・堀秀政・堀尾吉晴と引き継がれ、石田三成のとき「佐和山惣構」の普請が行われました。

所在地
滋賀県彦根市古沢町

その他の写真

ロケーション実績

地図