滋賀大学講堂

滋賀大学講堂は、滋賀大学経済学部の前身である旧彦根高等商業学校創立時の講堂として、1924年(大正13年)に建築されました。
文部省の直轄工事により、彦根城西部の濠に接する現滋賀大学彦根キャンパス敷地内に建てられた講堂は、屋根上に小屋裏排気用のドーム型の小塔やドーマー窓を有する等、大正期における高等専門学校講堂の典型的な建築様式を今に伝える貴重な建物として、2001年(平成13年)に国の登録有形文化財に指定されました。
2020年(令和2年)3月には、外観及び講堂部分は当時の姿を残しつつ耐震改修工事を行い、研究教育スペースを併設する新たな共同利用施設として生まれ変わりました。

利用については滋賀大学のウェブサイトをご覧ください。

その他の写真

ロケーション実績

地図